名刺依頼のメリット

業者は印刷のプロであり、業務用のプリンターを使用するため、家庭用のプリンターで作成したものとは、色の出方や光沢などの仕上がりが違います。名刺のデザインは、氏名やロゴ、連絡先などをどのようにレイアウトするかによって印象が大きく変わります。業者に依頼すると、プロがしっかりとレイアウトし、微妙な配置など仕上がりに差が出ます。業者はたくさんのデザインをしてきた経験があるため、素人では思いつかないようなレイアウトやデザインに出会うことができます。

上質紙、和紙素材などさまざまな質の紙が用意されていて、さらに、名刺の用途に合わせて紙の厚みも選ぶことができます。自宅で名刺を印刷するためには、パソコンでの用紙設定やソフトのダウンロードなどに手間がかかり、たくさんの枚数を印刷するため用紙代やインク代もかかります。業者に依頼しても、家庭用のプリンターで印刷するのと大差ないぐらいの低料金で作成できます。また、事前にサンプルを作成して出来栄えを確認できるため、完成してから失敗に気づくという心配もありません。自分で印刷する手間を省くことができて、なおかつ低料金で作成できるという点で、ビジネス名刺を業者に依頼するメリットは大きいと言えます。

関連サイト≪名刺作成|デザイン名刺.net
名刺の台紙(用紙)を17種類の中から選べます。

名刺のデザインとは

ビジネスの名刺のデザインは取引先など渡す相手に持ってもらいたいイメージを考慮して決めていきます。シンプルすぎるものよりも、こだわりを持ったデザインをされている名刺のほうがインパクトがあり、興味を持ってもらえるでしょう。あるように感じます。名刺は名刺入れに入れることが多いため、定型の55mm×91mmのサイズにすることがビジネス名刺のマナーです。ほとんどの名刺のレイアウトでは横書きが採用されています。横書きにすることによって、電話番号やメールアドレスなどの英数字が見やすくなるという利点があります。落ち着いた真面目な印象を与えたいときは、縦書きの名刺にすると効果的です。

名刺はサイズが小さいため使用するフォントによって必要以上に目立ってしまったり、読みにくくなってしまったりします。ビジネス名刺の場合、受け取る人の中には小さい文字が読みにくい人もいますので、デザインを工夫する際にも読みやすさを重視します。白地に黒の文字で、はっきりした書体で書くほうが読みやすくなります。フォントのサイズは、社名を11pt、名前を14pt、連絡先を6~7ptを基準にして調整すると良いでしょう。書体は一般的にゴシック体や明朝体で作成します。電話番号やメールアドレスなどの英数字は、欧文の書体に変更します。

ビジネス名刺の役割

当サイトではビジネスにおける名刺のデザインについて紹介しています。
名刺交換名刺とは氏名、職業、住所、電話番号などを記した小型の紙で、初対面の相手に渡すものをいいます。
ペーパーレス化が進む現代においても名刺は大切なビジネスツールです。
ビジネスにおける名刺の役割は、相手に自分を知ってもらい、さらに自分が所属する企業の情報やイメージを伝えることです。
名刺には名前や連絡先が記載されているので、また会って話をしたいときには電話をしてもらうことができますし、ホームページやブログにアクセスしてもらうことができます。
名刺はその小さいスペースの中に多くの情報が記載されていて、そのデザインと内容次第では渡した相手に与える印象を大きく変える可能性を持っています。
名刺は交換したときに必ず目にするもので、そこに書いてある情報があなたの印象を左右します。名刺に何を書くかで、業績や人脈形成に影響があります。名刺をうまく活用すれば、初対面の人と仲良くなれたり、その場で仕事が決まったりといったことがあります。

また、名刺は自分や企業のことを知ってもらうだけではなく、コミュニケーションをとりやすくする役割もあります。初めての商談の際にはお互いに緊張することがよくありますが、相手が名刺に関心を持ってくれて共通の話題が見つかると話が弾み、相手の印象が良くなることがあります。このように、名刺には初めて会う相手に良い印象を与える効果が期待できますので、常に持ち歩くようにしましょう。